Impulse作業分析アプリケーションとは

撮影動画の分析を機械学習により自動化することで、
作業効率・作業品質の継続的な分析とそれらに要する時間の大幅な削減を可能とします。

これまでの作業分析への課題

製造業などの現場においては、生産効率向上や作業負荷低減を目的として、手作業による作業時間・動作の分析がしばしば行われています。しかし計測と分析に多大な時間(〜1週間)を要する、スポット的な分析に留まってしまい継続的な改善が出来ない、担当者によって結果がばらついてしまう等の問題がありました。

また人による生産作業は、ロボットと異なり自由度が高いため、その品質を担保することが難しいことも大きな課題です。既にビデオカメラが設置されている場合でも、管理者が常時目視確認を行うのは現実的ではありません。すなわち、製品不良が検出された場合にプレイバックすることはできますが、リアルタイムに異常作業を検出して不良品の発生を未然に防ぐことは困難でした。

Impulse作業分析アプリケーションによるアプローチ

Impulse作業分析アプリケーションはこうした課題に対して、複数のサブアプリケーションを柔軟に組み合わせることで解決へとアプローチできる製品構成となっております。

・トレーサビリティ
・パフォーマンス分析
・品質監視<お客様別 カスタム開発>

Impulseファミリのコアである異常検知技術を適用し、作業手順の誤りや手順の抜けをリアルタイムに監視することも可能になると期待されます。

Impulse作業解析アプリケーションのユースケース

Impulse作業分析アプリケーションの特徴

・従来は人手・目視に頼っていた生産作業の常時監視・自動分析
・様々なカメラ(認定デバイス多数)に対応した、容易な製品導入
・3Dカメラによる、奥行き情報を付加した高精度な作業分析
・注目すべき作業特徴の選択や動画バラツキへの対応が容易で安定した精度を実現
・カメラの設置から製品導入まで弊社技術者が手厚くサポート

カメラパートナーのご紹介

Impulse作業分析アプリケーションに対応する
カメラデバイスパートナー様は以下の通りとなります。

Impulse作業分析アプリケーションに関する
お問い合わせはこちらから

PAGETOP
Translate »