既存の監視システムでは
検知できないサイレント障害を検知する

Impulseの利用シーン

現場で鍛え上げられ成長したImpulseは、通信事業者のネットワークインフラや、ミッションクリティカルな
ITシステムインフラの運用において、機械学習を活用した高度な監視技術として活用されています。
特にネットワークインフラにおいて、通常の運用監視では検知できずに大規模障害につながりやすい「サイレント障害」を、
トラフィックトレンドをモデル化し監視することで解決しています。多くの通信事業者様で、障害を未然に防ぐご支援をしています。
Impulseの機械学習を活用した様々な機能は、いずれも現場の声を聞きながら実装されたものであり、
今後も現場の方が抱える課題に対するソリューションを強化し続けます。

Impulseの利用シーン

周期特性のあるトラフィックデータに関する異常検知の例

周期特性のあるトラフィックデータに関する異常検知の例

連携ソリューション

Impulseは、アラクサラネットワークス社の「ネットワーク可視化・異常検知ソリューション*」の機械学習エンジンとして、
MIB情報やフロー情報を収集し、周期特性に着目した機械学習技術を活用して、
しきい値監視や相関性分析による機械学習では検知不能な、サイレント障害の予兆を的確に検知します。
ネットワーク機器の製造元だからこそ提供可能な、実用的できめ細かな機能を、Impulseの機械学習機能が強力にご支援しています。

連携ソリューション

事例

Impulseを導入されたお客様の声と具体的な事例のご紹介

業務アプリケーション

Impulseが提供する高度な機械学習分析モジュールのご紹介