導入までの流れ

  • 1. 課題の明確化と
    実現性検証(PoC)
    実際のデータを用いて、要因分析、異常検知の実現性や精度を検証します。対象範囲を絞りつつ複数回のPoCを実施するケースもあります。
  • 2. 精度向上と
    トライアル運用
    運用を見据え、検知制度の向上をはかるとともに、評価環境構築を行い、トライアル運用を開始します。
  • 3. 本格導入
    トライアル運用にて検討した運用機能を整備し、本格的な運用に向けた取組みを行います。

導入までの流れ