Impulseの利用シーン

建設業に関わるImpulseの利用シーンは多岐に渡ります。

建設施工では、建設機械からの荷重、電流、電圧などのデータからの予兆検知や動画・画像を用いた設備状態監視、物体認識による工程把握などが挙げられ、建設現場における働き方変革をAIがサポートしています。また、建設後のビルやオフィスにおける付加価値の提供として、空調設備の異常検知やオフィス空調電力の最適化なども可能となります。

ロボティクスとAIという観点におけるImpulseの発展的な利用について実現しているユースケースもございます。

Impulseの機械学習を活用した様々な機能は、いずれも現場の声を聞きながら実装されたものであり、これからも現場の方が抱える課題に対するソリューションを強化し続けます。

Impulseの利用シーン


Impulseの構成

クラウド&エッジコンピューティング構成で提供される、柔軟な分析プラットフォームは、複数の建設現場や設備を対象とした導入環境において効果的なデータ活用基盤として機能します。

クラウドにより、複数の建設現場や設備から発生したセンサーや画像データはクラウドで集中管理され、ロケーション毎の個別の課題だけでなく、共通的な課題をモデル化する事が可能となります。

エッジコンピューティングにより、即時対応を必要とする検知を可能にするとともに、ネットワークが遮断された場合も問題なく故障や異常を検知します。

更新されたモデルは簡単に・迅速に現場に配布され、実用的で安定性の高い監視と管理を実現しています。

Impulseの構成


事例

Impulseを導入されたお客様の声と具体的な事例のご紹介

PAGETOP
Translate »