Impulse on AWS

Impulse on AWS

Impulse on AWSは、センサーデータなどのリアルタイム処理、ビッグデータのバッチ処理、インタラクティブな分析を行うOLAP、分析に必要な機械学習エンジンを統一したプラットフォームで提供します。クラウドモデルでの提供なので、迅速に安価でスケーラブルな分析基盤を構築することができます。IoTデバイスやシステムから出力される大量データを、リアルタイムに深く分析したいとお考えのお客様にお勧めです。

<利用シーン>
  • 各種センサーから出力される大量のデータをリアルタイムで分析し、故障の予兆発見や、利用状況の変化を迅速に把握したい
  • 運用するシステムの異常(いつもと違う傾向)を検知し、障害の未然防止・早期対応を実現したい

アーキテクチャ

アーキテクチャ

利用AWSサービス
AWS CloudTrail, Amazon CloudWatch, Elastic Load Balancer, Amazon S3, AWS IoT, Amazon Kinesis, Amazon EMR, Amazon DynamoDB, Amazon SNS, AWS Lambda, AWS Greengrass

特長

  • 機械学習による深いデータ分析
    リアルタイム収集データ、Amazon S3に蓄積されたデータ対して、機械学習・統計アルゴリズムを利用したビッグデータ分析が可能です。
  • リアルタイム分析とアドホック分析
    集計結果のリアルタイムダッシュボードやデータ分析に必要な様々な統計・関数を提供。リアルタイムでもアドホックでも分析可能です。
  • 多種多様なデータに対応
    リアルタイムに収集したセンサーデータ、各種ログデータ等様々なストリーミングデータをS3にアーカイブとして蓄積します。

選ばれる理由

お客様が「Impulse on AWS」を選んだ3つのポイント


  • すばやく網羅的な分析
    時系列データに対して、すばやく、網羅的に分析することが可能です。

  • 異常検知モデルの自動構築技術
    プログラミングレスで異常検知のモデルを構築できます。(特許第6315528号)

  • エッジを活用した予知保全
    即時性をエッジ側で担保し、シームレスな予知保全環境を実現します。