業務アプリケーション
異常検知/不良品検出

従来のしきい値では検知できない「異常」を検知

通常の稼働時における周期性や相関特性を学習し、その変化をリアルタイムに判定します。
機械学習を活用して、通常時の特性から「いつもと違う」、「変化」を捉えます。
設備や機器の故障予兆のいち早い検知や、通常見つけることができない不良品の検出で活用いただいています。

従来のしきい値では検知できない「異常」を検知

異常データなしでも始められます

「異常」にはあらゆるパターンが存在します。不良品の検出やよく発生する故障のパターンを見つける場合は、
通常、異常パターンをモデル化し検知します。しかし、プラントや設備の予防保全の世界では、
今まで発生したことのない問題の早期発見が重要です。
Impulseはマーケットにいち早くリリースされ、現場の問題に対峙してきたからこそ、どちらのパターンにも柔軟に対応しています。

異常データなしでも始められます