異常検知ソリューション「Impulse」、動画で人作業を自動分析する「作業分析アプリケーション」を提供開始

2021年12月15日

ブレインズテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:濱中佐和子)は、異常検知ソリューション「Impulse」に作業分析アプリケーションを追加し、2021年12月15日より販売を開始することをお知らせします。

Impulseはセンサーデータによる設備や不良品の「異常検知」から始まり、「要因分析」、画像データによる「外観検査」とアプリケーションを増やしながら、ものづくり現場の品質や保全を支援してまいりました。最近では、人の担当するより複雑なタスクに着目し、動画データの解析研究を進めてきましたが、近年急速に進むデジタル変革で求められる自動化・省力化のニーズにお応えするため、動画データを活用した「作業分析」アプリケーションをリリースします。

製造業などの現場においては、生産効率向上や作業負荷低減を目的として、手作業による作業時間・動作の分析がしばしば行われています。しかし計測と分析に多大な時間(〜1週間)を要する、スポット的な分析に留まってしまい継続的な改善が出来ない、担当者によって結果がばらついてしまう等の問題がありました。そこで作業分析アプリケーションでは、撮影動画の分析を機械学習により自動化することで、作業効率・作業品質の継続的な分析とそれらに要する時間の大幅な削減を可能としました。

作業分析アプリケーションは、複数のサブアプリケーションを柔軟に組み合わせて頂ける製品構成となっています。「トレーサビリティ」は、対象工程の録画、ビデオの検索に加えて、サイクルタイムや異常度指標に基づく非定常作業が発見できます。さらに「パフォーマンス分析」を追加すると、要素作業ステップ毎の所要時間の自動計測・集計・可視化が可能となります。

また人による生産作業は、ロボットと異なり自由度が高いため、その品質を担保することが難しいことも大きな課題です。既にビデオカメラが設置されている場合でも、管理者が常時目視確認を行うのは現実的ではありません。すなわち、製品不良が検出された場合にプレイバックすることはできますが、リアルタイムに異常作業を検出して不良品の発生を未然に防ぐことは困難でした。このような課題をお持ちのお客様には、対象工程別のカスタマイズを行った上で、「品質監視」のご提供が可能です。Impulseのコア技術である異常検知を適用し、作業手順の誤りや手順の抜けをリアルタイムに監視することも実現できます。

今後は、人間工学的視点に基づいた作業動作・姿勢分析や、動的な製品検査や設備監視、耐久試験監視等のニーズにも対応していく予定です。

作業分析アプリケーションの特徴

・従来は人手・目視に頼っていた生産作業の常時監視・自動分析
・様々なカメラ(認定デバイス多数)に対応した、容易な製品導入
・3Dカメラによる、奥行き情報を付加した高精度な作業分析
・注目すべき作業特徴の選択や動画バラツキへの対応が容易で安定した精度を実現
・カメラの設置から製品導入まで弊社技術者が手厚くサポート

エンドースメント

作業分析アプリケーションに対応しているカメラデバイスパートナー様からのエンドースメントは以下の通りとなります。

セーフィー株式会社

ブレインズテクノロジー社のソリューションと弊社のクラウドカメラを連携することで、人の脳と目の代替となり、製造工程における作業者の負担軽減、品質向上、作業効率化などに寄与できることを期待しております。

また、同じ課題を抱えている企業様も多いと思いますので、この度のアプリケーションを業界全体に展開することで、あらゆる現場のDX推進を加速できる可能性を感じています。

セーフィー株式会社 CTO 森本 数馬

株式会社ソラコム

この度の「Impulse」の動画による作業分析アプリケーションの機能追加を歓迎します。 ソラコムは、セルラー通信(LTE)を搭載し、汎用マウンタを利用して、必要な場所に手軽に設置できるエッジカメラ「S+ Camera(サープラスカメラ)」シリーズを提供しています。

「Impulse」のと「S+ Camera」の組み合わせが、製造業の現場における機械学習やIoTといった最新テクノロジーをより使いやすくし、データ活用やデジタル化による生産性向上を実現することを期待しています。

株式会社ソラコム 代表取締役社長 玉川 憲

株式会社たけびし

「Impulse」の作業分析アプリケーションの発売を歓迎します。
PLCからの信号で簡単に現場状況の映像を記録する弊社のデバイスエクスプローラ レコシンクと連携することで、作業内容の分析が容易になり、ムダ・ムラの排除や品質維持向上により、お客様の生産性向上につながるものと確信しています。

株式会社たけびし 技術本部 システムソリューション開発部 部長 石田 匠

パナソニック株式会社

Vieureka(ビューレカ)は、数億台のIoT機器がつながるサイバーフィジカルな社会に向けて、IoTソリューションの開発・運用を劇的に容易化するエッジコンピューティングプラットフォームの提供を目指しています。ブレインズテクノロジー社は今後の労働人口・熟練技術者減少の課題に対して、AI・IoT活用によって解決をしていくというビジョンを共有する弊社の重要な共創パートナーです。

今回のご発表は、同社の強み「異常検知ソリューションImpulse」とVieurekaの「エッジコンピューティングプラットフォーム」を組合わせてできた、熟練技術者減少への課題対策にも繋がるソリューションであり、今後の業界・社会貢献という観点で非常に期待しています。

パナソニック株式会社 事業開発室 Vieureka事業責任者 宮崎 秋弘

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社

「Impulse」作業分析アプリケーションに対応するカメラとして私たちi-PROのカメラが選ばれたことはとても光栄であり、様々なお客様に一緒にソリューションをご提供できることに喜んでおります。

私たちi-PROは今後も、高品質で、高性能な処理が可能となるネットワークカメラの開発、販売を通じ、これまでなかった組み合わせによるコラボレーションを生み出すことにより、豊かなAI社会の共創に努めてまいります。

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社 執行役員
セキュリティ&セーフティージャパン ヘッド 朝比奈 純

作業分析アプリケーションは、お客様のオンプレミスサーバやクラウド上にインストールしてご利用いただけます。既に複数の製造業様と取り組んでいるパイロットプロジェクトに加えて、今後も数多くの現場をご支援できるよう製品を成長させてまいります。

各種イベント情報

オンラインセミナー
作業分析アプリケーションを含むImpulseのご紹介セミナーを開催します。

<開催日時>
・2022年1月13日(木)11:00〜11:40
・2022年1月27日(木)15:00〜15:40
お申し込みはこちら >> https://info.brains-tech.co.jp/impulsewebinar-introduction

イベント
2022年1月19日(水)から東京ビッグサイトで開催されるスマート工場EXPOにて製品のデモ展示を行います。【小間位置:55-52】


ブレインズテクノロジー株式会社について
ブレインズテクノロジーはAI(Artificial Intelligence:人工知能)分野の技術を軸に、先端オープンテクノロジーを活用したITサービス(異常検知ソリューションImpulse、検索エンジンNeuron ES)をエンタープライズ企業向けに提供しています。

企業知の創造を支援する想いを込めて、2012年3月に「Enterprise Intelligence(エンタープライズ・インテリジェンス)」を商標登録(第5472937号)しています。

名称  :ブレインズテクノロジー株式会社
代表者 :代表取締役 濱中佐和子
設立  :2008年8月8日
URL  : https://www.brains-tech.co.jp


Impulse作業解析アプリケーションについて

詳細は、 https://www.brains-tech.co.jp/impulse/work-analysis/ をご覧ください。

Translate »