ブレインズテクノロジー、NTTドコモと製造機器一括分析ソリューション「FAAP」の提供を開始

2020年6月30日

 株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:吉澤 和弘/以下、ドコモ)と、株式会社シナプスイノベーション(代表取締役社長 藤本 繁夫/以下、シナプスイノベーション)、ブレインズテクノロジー株式会社(代表取締役:濱中 佐和子/以下、ブレインズテクノロジー)は、機器の故障予兆の検知や生産品検品の自動化など製造現場の生産性向上を目的に、5Gにも対応した製造機器一括分析ソリューション「FAAPTM」(以下、FAAP)」を、2020年6月30日(火曜)よりドコモから法人のお客様向けに提供開始します。

「FAAP」は、工場内のロボット、制御機器、センサー、カメラなど多様な現場機器から取得したデータをリアルタイムに収集、クラウド上でAI分析・判定、判定結果を現場にフィードバックし、機器の故障時期の予測や生産品の不良検知を自動化するソリューションです。ソリューションを活用することで故障・メンテンナンスによる機器の稼働率低下の抑制や人手に頼る生産品の検品作業の自動化が可能となり、工場における生産性の向上、人手不足の解消や技能の平準化を実現します。

詳細に関しましてはドコモのプレスリリースをご覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/06/30_03.html

ソリューションイメージ

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


【参考リンク】

Translate »