ブレインズテクノロジー、竹中工務店の「建設ロボットプラットフォーム」で開発支援

2020年2月14日

 竹中工務店株式会社(社長:佐々木正人)が、ロボットが自律走行するための経路・範囲シミュレーションおよび遠隔操作・監視を可能とする、BIMデータを活用した基盤システム「建設ロボットプラットフォーム」を開発しました。当社は竹中工務店から委託を受け、本プラットフォームの開発支援をいたしました。

「建設ロボットプラットフォーム」は、AWS RoboMakerを活用することで、建設中の現場と同じ環境でシュミレーションを可能としています。これにより、カラーコーンをターゲットとして搬送ルートの指定をしていた作業が不要となり、ロボットの作業範囲が大幅に拡大できるだけでなく、台数の増える建設ロボットの稼働状況を、ロボットを保有するレンタル会社とともに管理することで、保守運用業務の効率化が期待できます。


詳細に関しましては竹中工務店のプレスリリースをご覧ください。
https://www.takenaka.co.jp/news/2020/02/03/index.html

建設ロボットプラットフォームの概略
建設ロボットプラットフォームの概略

20200214記者会見

左から、竹中工務店 生産本部生産企画部長の松尾享氏、AWS Robotics & Autonomous ServicesゼネラルマネージャーのRoger Barga氏、ブレインズテクノロジー 最高技術責任者の中澤宣貴


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


【参考リンク】

Translate »