ブレインズテクノロジー、AWSとKDDIが5Gネットワークエッジで超低遅延を実現する「AWS Wavelength」の実証実験を実施

2020年12月16日

2020年 12月16日、Amazon.com, Inc.(NASDAQ:AMZN)の関連会社である Amazon Web Services, Inc.(AWS)は、KDDI株式会社(以下、KDDI)の 5G ネットワーク上で、モバイル端末やエンドユーザー向けに超低遅延アプリケーションの構築を可能にする、AWS Wavelength の東京での一般提供を開始しました。お客様は馴染みのある AWS の API、ツール、機能を利用して、超低遅延が求められるアプリケーションの一部を 5G ネットワークのエッジ部分に展開し、アジア太平洋リージョン(東京)で実行される残りのアプリケーション部分やその他のクラウドサービスとシームレスに接続させることが可能です。AWS のコンピューティングサービスとストレージサービスを 5G ネットワークのエッジに組み込むことで、機械学習、モノのインターネット(IoT)、動画やゲームのストリーミング配信など、超低遅延が求められるエッジコンピューティングの活用を支援します。詳細については、https://aws.amazon.com/jp/wavelength/ をご覧ください。

AWS Wavelength は、AWS サービスを 5G ネットワークのエッジに置くことで、モバイル端末からアプリケーションへ接続する際に発生する遅延を最小限に抑えます。開発者は AWS Wavelength を使用することで、アプリケーションを AWS Wavelength Zone(5G ネットワークのエッジにある、通信事業者のデータセンター内に AWS のコンピューティングサービスとストレージサービスを組み込んだAWS のインフラストラクチャ環境)に展開でき、アプリケーションは、端末から基地局、そしてメトロアグリゲーション拠点で実行される AWS Wavelength Zone まで通信すればよくなります。従来のモバイルネットワークアーキテクチャを利用したクラウドへのアクセスでは、アグリゲーション拠点間やインターネットを横断する間の複数のホップで遅延が発生していましたが、AWS Wavelength Zone は こうした状況を解消し、お客様は 5G ネットワークの利点をフル活用できます。さらに、AWS Wavelength では世界各国の 5G ネットワークで一貫した利用体験を実現しており、開発者は馴染みのある AWS サービス、API、ツールを使用し、次世代の超低遅延アプリケーションを構築することができます。AWS Wavelength が実現する共通の開発者エクスペリエンスによって、複数の通信事業者にまたがった展開を容易にします。

当社も本サービスの商用化に向けた実証実験を行い、期待通りの有効性を確認しました。

詳細に関しましては各社のニュースリリースをご覧ください。
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2020/12/announcing-first-aws-wavelength-zone-tokyo-japan/

https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2020/12/16/4869.html


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


【参考リンク】

Translate »