一般社団法人システム制御情報学会主催の「システム制御情報学会セミナー2018」に当社技術責任者が登壇します

2018年12月1日

2018年12月5日(木)に開催される一般社団法人システム制御情報学会主催の「システム制御情報学会セミナー2018」にデータ分析の意思決定現場支援の現場の専門家として、当社技術責任者の中澤が講演をいたします。
近年、IoT及びAIの進展により、これまで予測困難であるとされてきた事象の分析が可能となってきましたが、機械学習で得られた分析結果を現場に反映する場合、反映する側・反映される側の双方の理解や納得を得る必要があります。
私達は「IoTにおける、機械学習を活用した異常検知の適用シーン」という講演テーマで、機械学習を活用したリアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」で実現している膨大なセンサー、音、動画データに対するプラント設備の故障予兆検知や、製品完了検査における不良検出、要因分析など、IoT分野で機械学習が価値を提供するシーンや機械学習を現場に反映するポイント・ノウハウについて、豊富なお客様事例を交えてご紹介します。

【セミナー概要】
 IoT・ビッグデータ実践の勘所

【講演概要】

  • 講演名:IoTにおける、機械学習を活用した異常検知の適用シーン
  • 講演者:取締役/技術責任者(CTO)中澤 宣貴

セミナー参加のお申込みは、上記公式サイトよりお願いいたします。


【参考リンク】

Top