当社提案がNEDO「AIシステム共同開発支援事業」に採択されました

2018年07月12日

このたび、ブレインズテクノロジー株式会社の提案する「機械学習によるリアルタイム予知保全システムの新産業対応」が、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募する「AIシステム共同開発支援事業」に採択されました。

本公募は、事業会社と連携してAIシステム開発及びビジネス化を行う先端的なAI技術を保有するベンチャー企業に対し、その開発費用の一部を助成することにより、ベンチャー企業の潜在力が十分に発揮出来る形で、AI技術開発を促進し、グローバル展開を見据えたデータ連携・共同事業を加速するものです。

本公募の詳細ならびに採択内容については、下記URLをご参照下さい。
 http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100993.html

本公募を通じて当社は、リアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」をベースにした下記システムを連携事業者様と共同で開発し、より簡単に、より確実に、より解決する分析サービスプラットフォームの更なる市場展開を目指してまいります。

  • エッジを活用した生産設備におけるシームレスな予知保全システム(連携事業者様:アイシン・エィ・ダブリュ株式会社)
  • ITインフラの未来予測(需要予測)システム(連携事業者様:株式会社ケイ・オプティコム)

【参考リンク】

Top