ヤンマーのAI/IoTを活用したテストベッド環境の供用事業に参画

~次世代施設園芸システムの確立に向け、リアルタイム予測分析基盤「Impulse」を活用~

2017年10月10日

ブレインズテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:濱中佐和子、以下ブレインズテクノロジー)は、ヤンマー株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:山岡健人、以下、ヤンマー)が、2017年10月10日(火)より運用を開始する「AI/IoTを活用した次世代施設園芸システムの確立に向けたテストベッド環境(以下、テストベッド)の供用事業」に、データ分析、及びAIアルゴリズムの技術パートナー企業として参画することをお知らせします。


本テストベッドは、ヤンマーが総務省による平成28年度テストベッド供用事業の採択を受けて構築した環境で、通信・IT業界などの様々な企業が利用し、農業ICT技術開発の加速と次世代施設園芸システムの確立による新しいビジネスモデルの創出を目指して運用を開始しています。ブレインズテクノロジーは、本テストベッドでデータ分析、及びAIアルゴリズムの技術パートナー企業として、リアルタイム予測分析基盤「Impulse」を活用し、栽培や生産管理の分野において、機械学習によるIoTセンサーデータの高度な分析と異常検知を推進します。

◆テストベッドについて

本テストベッドは、AI/IoTを活用しやすい農的空間を整備したテストベッドで、消費者のニーズに合わせた栽培コントロールを目指した研究等に利用することができます。農的空間における温度・湿度などのセンシング技術とネットワークの信頼性検証や、遠隔制御して収集したデータを活用することで農作物の収穫時期・収穫量を予測します。また、将来的にはハウス毎の生育状況だけでなく、周辺の農作物の生育状況をクラウドで一元管理できる農業プラットフォームが構築されることが期待されます。

◆Impulseについて

Impulseは、様々なデータを収集・構造化して集計・異常検知まで繋げるリアルタイムの予測分析プラットフォームで、膨大な量のログデータ、センサーデータ等に対して機械学習で自動的に状態を識別し、実効性の高いデータの予測分析・異常検知を実現しています。従来の閾値ベースの管理の仕組みでは発見できない障害の検知や、不良品の検出など、これまで対応困難であった諸問題に対し、新たなアプローチで現実解を導いており、Interop Tokyo 2016「Best of Show Award」クラウドサービス部門の特別賞を受賞しています。


<ブレインズテクノロジー株式会社について>

ブレインズテクノロジーは(Artificial Intelligence:人工知能)分野の技術を軸に、先端オープンテクノロジーを活用したITサービス(機械学習技術を活用した大規模データ分析基盤、検索エンジン)をエンタープライズ企業向けに提供しています。
企業知の創造を支援する想いを込めて、2012年3月に「Enterprise Intelligence(エンタープライズ・インテリジェンス)」を商標登録(第5472937号)しています。
名称  :ブレインズテクノロジー株式会社
代表者 :代表取締役 濱中佐和子
設立  :2008年8月8日
URL  :https://www.brains-tech.co.jp


【本件に関するお問合わせ先】

  • ブレインズテクノロジー株式会社 担当:中澤・林
  • TEL : 03-6455-7023
  • E-mail : sales@brains-tech.co.jp

【参考リンク】

Top