ブレインズテクノロジー、機械学習で高度な異常検知を実現するImpulseがAWS Greengrassをサポート開始

~クラウド環境とローカル環境の連携による、柔軟なIoT分野の予兆検知を実現~

2017年06月30日

機械学習による高度な異常検知で、生産現場における予防保全を実現しているブレインズテクノロジー(本社:東京都港区、代表取締役:濱中佐和子)は、リアルタイム予測分析プラットフォームImpulse (インパルス)で、Amazon Web Services(以下、AWS)Greengrass のサポートを開始します。
生産現場における、予防保全や品質改善などの異常検知の業務ニーズは、多種多様な環境に応じて、柔軟に解決される必要があります。しかしながら、設備端末へのコンピューティング処理の適用ハードルや情報の安全性の問題から、その解決は限定的となっています。
そこで、ブレインズテクノロジーは、ImpulseがIoT分野・クラウド環境で培ってきた異常検知技術(アルゴリズム)を、AWS Greengrassにより設備端末へ展開する事で、エッジ側での高度な分析を可能にし、クラウドとローカルデバイス全体でのシームレスな異常検知、予兆検知を、セキュアかつコストを抑えて実現します。


◆背景と概要

企業活動において発生するデータは増大し続け、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の取り組みが広がる中、従来は十分に活用できていなかったデータ分析の重要性が高まっています。特にIoT分野では、センシング技術の高度化・多様化により、データを精緻に収集できる環境が整う一方で、デバイス側で肥大化するデータに対して、高速に高度な分析をセキュアかつコストを抑えて実施することが求められています。

そこで、ブレインズテクノロジーは、リアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」において、ローカルコンピューティングに対応した最新版をリリースします。

Impulseは、ログ収集や、高速なデータ分析の分散処理フレームワークといった各種オープンソース(fluentd、Apache Spark等)と、それらを企業用途で利用するための当社独自の拡張モジュールやプラグインによって、各種コンポーネントの連携と最適化を実現しています。また、Amazon Kinesisを利用したデータストリーミング処理、Amazon DynamoDBやAmazon Simple Storage Service(以下、Amazon S3)といったストレージへのデータ蓄積、Amazon EMRによる大規模データ分散処理に加えて、AWS Lambdaを利用したサーバーレスコンピューティング、AWS IoTを利用したデバイス接続など、IoT分野のデータ分析基盤に求められるスケーラビリティと高速処理、多様なコネクティビティをAWSの各種サービスを利用して実現しています。

Impulseの最新版では、これまで提供してきた機械学習エンジンによる予測・異常検知のリアルタイム処理に加えて、AWS Greengrassに対応することで、クラウドとローカルデバイス全体でシームレスに動作可能な「リアルタイム予測分析プラットフォーム」サービスを提供します。AWS Greengrassに対応することにより、高周波で量の肥大化が懸念されていたIoTセンサーデータ(設備・機器の稼働データ)、ネットワーク遅延がネックで扱うことが困難であったセンサーデータ(生産現場の測定データ)を分析対象として扱うことが容易となり、データ通信コストを抑え、セキュリティを確保しながら、ミッションクリティカルな駆動系装置の予知保全や製造工程の不良検出を目的としたデータ分析が実現できます。


サービス構成概念図

<サービス構成概念図>


◆サービスの利用シーン

  • 多種多様なセンサーデータを用いた各種設備・機器の異常発生検出・故障予兆検知
  • 駆動装置等の特に重要なセンサーデータを用いた予知保全
  • 製造製品の各種検査・測定データを用いた不良検出、など

◆リアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」の特徴

  • 機械学習による異常検知(従来の閾値監視では見つけられない状態変化を検知可能)
  • データ特性を自動分析(最適なアルゴリズムやパラメータを自動で選定)
  • 膨大なIoTデータ分析に必要な拡張性・柔軟性を備えたサービスとして提供

◆Impulseを活用したデータ分析サービスについて

ブレインズテクノロジーでは今後、リアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」を活用し、ビジネス価値の創造、またはビジネス損失の低減に寄与する様々なサービスを、開発・提供していきます。また、AWS Greengrass対応デバイスへの異常検知技術の提供をはじめとした取組みにより、高度な分析機能をコストを抑えながらサービス化することにより、いち早く、多くの生産現場に、機械学習の恩恵を提供してまいります。


<ブレインズテクノロジー株式会社について>

ブレインズテクノロジーは(Artificial Intelligence:人工知能)分野の技術を軸に、先端オープンテクノロジーを活用したITサービス(機械学習技術を活用した大規模データ分析基盤、検索エンジン)をエンタープライズ企業向けに提供しています。
企業知の創造を支援する想いを込めて、2012年3月に「Enterprise Intelligence(エンタープライズ・インテリジェンス)」を商標登録(第5472937号)しています。
名称  :ブレインズテクノロジー株式会社
代表者 :代表取締役 濱中佐和子
設立  :2008年8月8日
URL  :https://www.brains-tech.co.jp


【本件に関するお問合わせ先】

  • ブレインズテクノロジー株式会社 担当:中澤・林
  • TEL : 03-6455-7023
  • E-mail : sales@brains-tech.co.jp

※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、Amazon DynamoDB、Amazon EMR、Amazon Kinesis、Amazon S3、AWS Lambda、AWS IoT、AWS GreengrassおよびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。Apache Sparkは、Apache Software Foundationの登録商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


【参考リンク】

Top