情報漏洩のリスクに必要な対応はできていますか?
ルールベースの検知だけで、膨大なログから情報漏洩・不正行為の疑いを把握できますか?

情報漏洩の8割は内部的行為に起因すると多くのレポートが示していますが、その対策として継続的な改善活動が求められています。しかし、膨大かつ多様な活動ログ(アクティビティログ)から異常な振る舞い(情報漏洩の疑い)を見つけるためには、定型的なルールベースの対応を超えた検知の仕組みが不可欠と言えます。

Impulse

情報漏洩・不正行為のリスクに対する異常検知サービスとは?

膨大かつ多様な活動ログ(アクティビティ)の一元管理と
データ形式変換(正規化)により、リスク分析時間を劇的に短縮すると同時に、
機械学習を活用した(ルールベースでは検知出来ない)漏洩の疑いがある行為に対する検知を実現します。


情報漏洩の真因には、解決すべき課題があります

検討すべき情報漏洩の原因

情報漏洩には様々な原因がありますが、
その8割は「内部的な行為」が占めていると言われています。

解決すべき情報漏洩対策の課題

情報漏洩対策には「継続的な改善活動(PDCA)」が重要と言われていますが、
膨大かつ多様な行動ログを「リアルタイムに可視化・分析する仕組み」が無ければ、
そのPDCAサイクルを回すことは事実上困難です。


Impulseが実現できること≒シンプルかつ実用的なソリューション

3つの視点のアプローチ

Impulseは、「抑止」・「検知」・「予防」視点の実用性の高いアプローチを通じて、
効果的な情報漏洩対策を支援します。

Impulseの提供機能

個別のログは把握できていても、多様性のある行為を横断的・全体的に把握するのは難しい。
Impulseは、膨大かつ多様な行動ログに対して、下記の機能をご提供します。

Top