システム運用の異常検知 ≒ ITシステムの障害が招くビジネス損失を未然に防ぐ

企業活動を支えるITシステムの障害は、甚大なビジネス損失を引き起こします。
こうしたITシステムの運用において、様々な環境変化に対応しながら高いサービスレベルを維持するためには、ITシステムの運用保守機能を強化することが必要です。

Impulse

システム運用の予防保全・異常検知サービスとは?

ITシステムのログデータ・リソースデータを機械学習により分析し、
システム障害の予兆検知による予防保全の実現
障害発生時の原因分析に係る時間と労力を削減します。

プロアクティブなシステム運用保守の実現

従来の閾値ベースの監視では見つけることのできない「異常」を発見、対応することにより
プロアクティブな運用保守を実現、システム全体の信頼性を高めることができます。

プロアクティブな運用保守をサポートする2つの機能


Impulseはオンプレミス環境とクラウド環境のハイブリッド構成に対応できます

システム構成

  • Impulseは、様々なITシステムのログデータ・リソースデータを収集します。
  • リアルタイムで収集したストリーミングデータによって、機械学習による異常検知を行います。
  • 異常検知に伴い、ユーザーへアラート通知します。
  • また、収集データは内部に構造化して蓄積するため、ログデータの横断検索や統計情報のグラフ化が可能です。
  • ユーザーは、蓄積したログデータを利用して、障害原因分析が可能です。

選べる導入形態

導入形態もお客さまの要望に応じて、オンプレミス/クラウド環境が選べます。


データ収集から各種分析まで、異常検知に必要な機能を一つのサービスで提供しています

提供機能

機能一覧表

機能 ログ統合管理・分析
(Impulse Entry License)
異常検知・障害原因分析
(Impulse Basic License)
データ収集
データ構造化
データ蓄積
ログデータ全文検索
ログデータ集計・グラフ表示
分析ダッシュボード作成・保存・共有
データ特性分析・シミュレーション -
異常検知 -
アラート通知 -
リソース需要予測 -
ログメッセージ自動分類 -
システム関連性・影響範囲分析 -
障害原因分析 -
アドホック分析 -

サービス導入時、サービス開始後のサポートもご用意しています

サポートサービス

導入・分析作業支援サービス

  • 導入設計支援
  • データ分析基盤整備(オンプレミス導入の場合)
  • ログ収集エージェントの導入・動作確認
  • 分析レポート(ダッシュボード)作成支援
  • 異常検知機能検証・パフォーマンスチューニング
  • 操作説明・ハンズオン(運用者向け・利用者向け)

(※)支援作業の内容は、お客様とご相談の上、お見積り致します。

Impulse運用保守サポートサービス(オンプレミス導入の場合)

  • Impulse ライセンス保守サポートサービス
  • Impulse 運用監視サポートサービス

(※)運用保守サポートは、別途サポートサービスの契約(有償)が必要となります。

Top