業務アプリケーション
外観検査/作業解析ベータ

画像解析による傷や異物を検出

記録された画像データを補正し、分析可能な形にした上で、さらに画像データを分割して波形データに変換します。
特徴量として抽出された各波形データは、異物の検出や種類を特定するために分類されます。
事前に既知の異常データを準備するのではなく、実際に発生した「いつもとの違い」を認識して自動的に分類することにより、
現実世界で実際に発生する(未知の異常も含めた)問題の広い検知とより深い問題の理解に貢献します。

画像解析による傷や異物を検出